鳥羽水族館の生きた化石『パラオオウムガイ』が人気

海と日本プロジェクトin三重県

鳥羽市にある鳥羽水族館で、国内唯一となるパラオオウムガイが展示され、人気を集めています。

日本でパラオオウムガイを見れるのは鳥羽水族館だけ!

パラオ諸島の固有種パラオオウムガイは、生きた化石と言われるオウムガイの中でも最も大きい種類です。渦巻き状の殻の直径は20センチほどあり、フワフワと水中を漂い、殻から伸びた触手を使って餌を食べます。しかし、生態については分からない点も、多く残されています。

一方、館内では幸せの青い鳥ならぬ、青い「カニ」が公開され、こちらも話題を呼んでいます。津市の雲出川の支流で発見されたモクズガニで、通常は茶褐色の甲羅が青白い色をしています。突然変異と見られていますが、水族館の職員も「見たことがない」と驚いています。

この他、鳥羽水族館では、ハロウィーン仕様のアシカショーなどが今月末まで開催されていて、珍しい展示と催しが来館者を楽しませています。

ページ上部へ戻る