#19 はまぐり再生へ

海と日本プロジェクトin三重県

桑名といえば、はまぐり
「その手は桑名の焼き蛤」うまいことを言っても騙されない、その手は食わないという洒落言葉で
江戸時代には使われていました。

しかし高度経済成長の中、干潟の開拓などの原因で桑名のはまぐりはその姿を消そうとしていました。

人々の暮らしを豊かにしようとすれば、自然が変化していく。そんな状況に漁師たちは「桑名のハマグリ」を取り戻そうといろいろな取り組みが始まりました。

人々の努力で復活を遂げつつあるはまぐりの今を取材しました。

関連記事

ページ上部へ戻る