#20 海の資源を頂く

2017-12-21
海と日本PROJECT  in 三重県

三重県の漁業生産量は、昭和59年をピークに今では半分にまで減ってしまいました。

魚がいて、漁師がいて、私たちは海の幸を頂ける

この背景には、海の変化に伴う海洋資源の減少や変化、時代の変遷に伴う魚価の低下がありますが、
もうひとつの原因が漁師の減少です。
漁をする人がいなければ、私たちは魚を食べることができません。
今回は尾鷲のある地区で行われている漁村を守る活動を通じて
海の未来を考えてみます。

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る