スクリーンショット 2017-07-29 16.06.52

みえのうみ通信社が取材開始。四日市の海の顔を探れ!

7月29日、みえのうみ通信社の活動が、本格始動しました。この…
詳細を見る
1,088kmに及ぶ長い海岸線を有する三重県には、木曽三川の恵み豊かな伊勢湾、離島や風光明媚で波静かなリアス式の入り江が続く伊勢志摩地域、雄大な太平洋の黒潮おどる熊野灘など様々な海の顔があり、古くから御食国とされるほど豊かな漁場が広がっています。「海と日本プロジェクトin三重県」では、そんな三重の海の今と昔を皆さんに伝え、新たな発見と可能性を感じてもらい、海と共に生きることを考えてもらうことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

四日市港流木①

2018-8-17

四日市港、豪雨で漁に出られない日々続く

西日本や東海地方の記録的な豪雨で、四日市港の北部に大量の流木が漂流し漁に出られないなど影響が出ています。…
詳細を見る

イベント

0715uminoosigoto_rogo

2018-8-16

海のお仕事図鑑~海で育まれた真珠で化粧品を作ろう!~

海と日本プロジェクトin三重県では、海のお仕事図鑑in三重県~海で育まれた真珠で化粧品を作ろう!~を8月30日に開催します。…
詳細を見る

レポート

IMG_E1059

2018-8-7

凪の海フェスタレポート!

皆さんこんにちは!!!海と日本プロジェクトin 三重県推進リーダーの松下 凪です!気温が高くて38度…39度…と思ったら40度越え!このような気温が当たり前の暑い日々が続いていますね。わたしも毎日アイスが欠かせません!笑…
詳細を見る

番組情報

20180613-03-01-a

2018-8-17

凪と発見!みえの海~ウミガメが安心する海岸へ~

三重県では、南から北まで複数の海岸にウミガメがやってきます。 しかしウミガメがやってきても、産卵に適さない海岸であると上陸しても産卵しません。…
詳細を見る
ページ上部へ戻る