二見夫婦岩で注連縄の張り替え

2018-6-19
海と日本PROJECT  in 三重県

5月、伊勢市二見町の二見輿玉神社で多くの参拝客が見守る中、夫婦岩に架かる注連縄の張り替えが行われました。

新しくなった「夫婦の絆」

地元の子供たちが叩く二見太鼓や威勢の良い木遣り唄が響く中、氏子や職員ら約20人が参拝に訪れた人たちと協力し合いながら、しめ縄を送りました。

1本35メートル、40キロある縄が夫婦岩まで運ばれると、岩に登った氏子や神職が送られた縄を手際よく巻き、男岩と女岩を5本の縄でしっかりと結び付けました。男岩と女岩に架かるしめ縄は、夏至の日の前後に夫婦岩の真ん中から現れる日の出を「太陽神」と見立て、鳥居の役割を果たしていると言われています。

注連縄の張り替えは年に3回行われますが、この日は、ゴールデンウィークということもあり、約2000人の参拝客が訪れ、再び新しくなった「夫婦の絆」を見守りました。

関連リンク

ページ上部へ戻る