#14 春は何処へ ~消えた春告魚~

2017-11-25
海と日本PROJECT  in 三重県

各地には、春を告げる魚「春告魚」というものがあり、伊勢湾では「コウナゴ」です。
しかし今年、伊勢湾からコウナゴが消えて2年目の春を迎えてしまいました。
40年前全国で30万トン近い水揚げがあったコウナゴは、現在では3万トンにまで落ち込んでいます。
三重大学の木村教授は、コウナゴが消えた理由を伊勢湾内の海水温は年平均0.03度ずつ上昇などが影響していると分析していますが、
まだハッキリとしたことはまだわかりません。
そんな中、漁師たちは資源を次の世代に受け継ぐために、2年目の禁漁を決断しました。
また木村教授は、生き物には我々の常識を超えることがあると話、コウナゴ復活へ期待を寄せていました。

今回は私たちの身近な海の問題を考えてみたいと思います。

 

 

  • +1
  • 「#14 春は何処へ ~消えた春告魚~」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://mie.uminohi.jp/widget/article/?p=425" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://mie.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 三重県</a></iframe><script src="https://mie.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 三重県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://mie.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://mie.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 三重県</a></iframe><script src="https://mie.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>